三沢の海岸にサーファー注目

三沢の海岸にサーファー注目

 2020年東京五輪の正式種目となり日本人選手の活躍も目立っているサーフィン。南北に長い海岸線が続いており、サーフィンを楽しめるポイントが点在している青森県三沢市は、近年、プロやボードメーカー関係者が訪れ専門雑誌にも取り上げられるなど、その名が知られつつある。17日には淋代海岸で、第2回となる交流大会「ミサワ・クラシック」が開かれ、全国から集まるプロ・アマ約120人が、技を競い合う。大会を企画する側は「三沢を盛り上げたい」と意気込んでいる。【写真説明】三沢市の海岸でサーフィンを楽しむ地元愛好者たち

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

東奥日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索