青森県板柳町のボランティアグループ「9.1−2会」(佐藤洋治会長)は15日、同町の板柳中学校(高橋幸治校長)を訪れ、高校受験を控えた3年生112人に丹精込めて作った合格リンゴを贈った。生徒たちは会員の温かい激励に、志望校合格への気持ちを強くしていた。

 同会は1970年代の町青年団のメンバーが中心となって結成、地域活動のほか、85年からは地元の板柳中の3年生に励ましの言葉とともに合格リンゴを贈っている。今年も農家の会員が「祈合格」などの文字を入れたふじを準備した。

 贈呈式では佐藤会長(71)が「会員は雨が少なかった中で、水やりや肥料でいろいろな挑戦をしてリンゴを作った。このリンゴを当日に食べて試験に臨めば、夢はかないます」と激励。会員やPTA役員が手分けをして生徒一人一人に「風邪をひかないようにね」などと声を掛けながらリンゴと鉛筆を手渡した。

 生徒を代表して葛西ひらりさん(15)が「会の方々の気持ちに感謝して、全員が志望校に合格できるように頑張る」と決意を披露。高橋校長が「合格リンゴを見ながら受験勉強をして点数をアップルさせよう」と呼び掛けた。

 県立高校を志望する今咲乃さん(15)は「自分たちのためにリンゴを作ってくれてうれしい。その気持ちに応えたい」、戸沢連桜(れお)さん(15)も「皆さんに応援されているのが分かってうれしい」と話していた。