17日開幕の八戸えんぶりに合わせて14日、青森県八戸市の八戸ポータルミュージアムはっちで企画展「えんぶりinはっち」が始まった。えんぶりの写真や人形などが至るところに展示され、はっちは“えんぶり一色”になっている。20日まで。

 えんぶり人形は、同市の紋章上絵師下崎雅之さんが制作。太夫やえびす舞の子どもたちが忠実に再現されている。暖をとっている人や日本酒を持って帰途につく太夫などユニークな作品も関心を集めている。

 写真はVISITはちのへやはっちが募集したもので、太夫の躍動感や子どもたちの笑顔などを捉えた。また、1980年代と2000年代のえんぶり映像を上映しており、時代の変遷が分かる。

 期間中、えんぶり衣装着付け体験、ミニえぼし制作体験なども実施。今回初めて八戸まちなか広場マチニワでえんぶり公演を行う。はっちの櫛部晃代さんは「えんぶりを楽しみにしている方が多いので、はっちから盛り上げていきたい」と話した。