十和田湖畔の景観を阻害している青森県十和田市休屋地区のホテルや旅館などの廃屋について、小泉進次郎環境相は24日の参院環境委員会で、2例目の廃屋撤去を2020年度中に完了させる考えを示した。自民党の滝沢求参院議員の質問に答えた。

 滝沢氏は外国人観光客などを誘客する国の「国立公園満喫プロジェクト」の対象となっている休屋地区での廃屋撤去についてただした。小泉環境相は、同省所管地に残る廃屋12施設中、優先度が高い3施設の撤去へ向けた作業を進めているとし、「うち1件は来年度中に完了する」と述べた。

 同省は所管地所有者として廃屋撤去を進めている。15年には旧土産品店1施設が撤去済み。さらに国が廃業ホテル1施設の撤去と土地明け渡しを求めた訴訟では国の請求を認める判決が確定し、撤去が完了すれば2例目となる。