青森県八戸市のダンススタジオ「ONE MOVE」で講師を務める沢上りんかさん(20)が、2月にシンガポールで行われたダンスの国際大会「THE LADIES CALL VOLUME4」で優勝した。沢上さんは「最近は大会に出場しても準優勝で終わることが多かったので、優勝できてとてもうれしい」と喜びを語った。

 大会には、シンガポールや台湾などアジア圏を中心に9カ国、約120人の女性ヒップホップダンサーが参加し、予選を勝ち抜いた32人が決勝トーナメントで激突。DJがランダムに流す音楽に合わせて1対1で即興ダンスを披露し、バトルを繰り広げた。

 沢上さんはトーナメントを順当に勝ち上がり、決勝で同い年のタイ人ダンサーと対戦。「ダンススタイルが自分と似ている相手だったので不安だった。それでも、決勝まで来たからには絶対に勝ちたい気持ちが強かった」という。

 リズムや歌声に合わせた持ち前のパワフルなダンスで相手を圧倒。「観客の声援がすごくて踊っていて本当に楽しかった」と笑顔で語った。

 沢上さんは、国際大会など大きな規模の大会に出場しながら、父・光裕さん(41)が経営するダンススタジオで週4回、子どもたちにダンスを教えている。沢上さんは「大きな大会での優勝が子どもたちの励みになればうれしい」とし、「八戸にいながらも、世界で活躍できることを子どもたちに伝えていきたい」と力を込めた。