東奥日報文化財団(理事長・塩越隆雄東奥日報社会長)は25日、第5回東奥文化選奨の贈呈式を青森市の東奥日報新町ビルNew’sホールで行い、ソプラノ歌手の隠岐彩夏(おきあやか)さん(35)=五所川原市出身で川崎市在住、アマ将棋棋士の中川慧梧(けいご)さん(27)=八戸市出身で東京都在住=の活躍をたたえた。

 東奥文化選奨は、実績を上げている新進気鋭の作家・表現者などで、青森県の芸術・文化の普及や振興に大きく貢献することが期待される青森県在住者や出身者を対象に、2016年から毎年1回選定している。今年は同財団の2月の理事会で2個人が決定した。

 隠岐さんは16年、国内の若手音楽家の登竜門とされる日本音楽コンクールの声楽部門(歌曲)で1位。国内屈指の指揮者と共演を重ねているほか、県内でも17、18年の「青森第九の会演奏会」でソリストを務めた。19年1月から1年間、文化庁新進芸術家海外研修員として渡米するなど、研さんに励んでいる。

 中川さんは06年、長者中在学中に最年少で県王将戦、県有段者選手権、県名人戦の3冠を達成した。08年には全国アマチュア王将位大会を16歳の最年少で制し、19年9月には全日本アマチュア名人戦で、青森県出身者では1950年以来69年ぶり2人目の優勝を果たした。

 贈呈式には同財団の理事や評議員のほか、県内の文化団体関係者ら約40人が出席。塩越理事長が2人に表彰状と金一封、トロフィーを手渡した。

 来賓の三村申吾知事(柏木司副知事代読)が「これからも心に癒やしや希望を届ける文化芸術を支え、発展させてください」と祝辞。塩越理事長が「それぞれの分野でさらなる飛躍を期待している。今後も青森県に明るい話題をもたらしてほしい」とあいさつした。