十和田おいらせ農協(本店青森県十和田市、竹ケ原幸光組合長)は26日、同市三本木里ノ沢に新築する農産物直売所ファーマーズ・マーケット「かだぁ〜れ」の工事安全祈願祭を開いた。10月に予定しているオープンに向け、関係者約30人が工事の無事を祈った。

 新農産物直売所は鉄骨1階建て、延べ床面積は約1488平方メートル。敷地面積は2万1817平方メートルで、約300台の駐車場を整備する。同農協によると、売り場面積約800平方メートルは県内最大。当日収穫した野菜のほか、肉や魚などの生鮮食品をそろえ、試食コーナーを設ける。精米機も完備する。総事業費は6億8724万円。

 建設地での祈願祭で、竹ケ原組合長は「安全で新鮮、おいしいものを提供した上で、農家の所得向上、地域の貢献につなげていきたい。多くの観光客にも利用いただき、この施設から全国に魅力を発信していく」とあいさつした。

 出荷会員は現在300人ほど。6月と8月に出荷者説明会を開く。随時会員を募集中で、千人以上を目標としている。開業5年目の売り上げ目標は年間10億9千万円。