八戸高専の当時の男子生徒が自殺未遂を図った問題で、元学生らが国立高専機構(東京)と脅迫の加害男性を相手に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、青森地裁であり、被告側は請求棄却を求め争う姿勢を示した。