青森県三沢市と六戸町をエリアとするおいらせ農協(本店三沢市)は26日の通常総代会で、2019年度事業報告などを承認した。野菜は価格低迷が響き、販売額は前年度比16.4%減の55億5053万円。畜産の販売額は同8.0%増の10億6790万円だった。

 19年度事業利益は前期比0.7%減の8992万円。当期剰余金は1億542万円を計上、2期連続の黒字となった。任期満了に伴う役員改選で理事13人と監事4人を選任した。新任は理事が中屋敷一夫氏と浪岡英悦氏、監事は今出川弘氏。終了後の理事会で代表理事専務に中屋敷氏を新任した。