深浦町観光協会は7月1日から、十二湖を代表する観光スポット「青池」をスマートフォンか携帯電話で撮影し、その画像を町内の店舗で提示すると特典が受けられるプロジェクトを始める。

 物産館や飲食店、宿泊施設など14店舗が参加。特典は、コーヒーや食事代、入浴料、ソフトクリームなどの50円引きや、千円以上の買い物でオリジナル商品プレゼントなどさまざま。一つの画像で何店舗でも特典を受けられる。

 青池は、透き通って輝くコバルトブルーの色彩が人気。同協会の神馬亨事務局長は「行楽客がSNS(会員制交流サイト)で深浦町を発信するきっかけになれば」とPRする。

 11月30日まで。問い合わせは町観光協会(電話0173-74-3320)へ。