青森県六戸町の国道で21日に起きた飲酒運転による交通死亡事故を受け、十和田署は28日早朝、十和田市内の2カ所で飲酒運転の取り締まりを行った。2時間の検問で飲酒運転の検挙はなかった。

 検問は同署員16人態勢で実施。同日午前4時〜同6時、同市三本木野崎の国道45号と、同市東二十三番町の三木野公園前交差点でドライバーを止め、アルコール感知器で飲酒の有無をチェックした。同署交通課の宇部尚幸課長は「飲酒運転は自分や家族、相手、相手の家族の人生を破壊する。絶対にやめてほしい」と話した。

 21日の事故は午前5時15分ごろ、六戸町折茂畑刈下の国道45号で発生。北里大学生5人が乗った軽乗用車が対向車線側の街路灯に衝突し、女性1人が犠牲になった。運転手の呼気からは基準値を上回るアルコールが検出された。

 同署管内では今年、3件の死亡事故が発生。全て単独事故で3人が犠牲になった。