青森県八戸市は29日、八戸港第3魚市場A棟に簡易的なイワシのうろこ除去設備を導入した。これまでA棟はサバに特化してきたが、サバとイワシを混獲した漁船も受け入れることで、低迷している稼働率の向上を図る。

 市水産事務所によると、近年、サバの回遊時期の遅れにより水揚げ時期が短期化している一方、イワシの漁獲が増えている。このため、サバとイワシを混獲した漁船が増加しているという。現在の設備はサバのみを想定しており、船の魚槽からポンプで吸い上げた魚を入れる「ホッパー」内でイワシのうろこが目詰まりし、機械が故障する可能性があることから、うろこ除去設備を導入した。

 設備は、ホッパー内からうろこが混ざった海水をホースでくみ取り、ざる付きのタンクに移してうろこのみをこし取る仕組み。タンクの容量は約1トンで、ざるは手動で交換する。設置費用は約93万円。市水産事務所は設備の効果を分析し課題を洗い出して、A棟運営の新たな改善計画の策定につなげていく。

 間英昭副所長は「サバとイワシを混獲する船にも対応できる汎用(はんよう)性を持たせた施設にする。導入した設備は、必要があれば改良しながら使っていく」と語った。