「成長が止まった親」の話は子どもに届かない 親が思うより、子どもはずっと大人だ

「成長が止まった親」の話は子どもに届かない 親が思うより、子どもはずっと大人だ

子どものほうが落ち着いて冷静に周りの様子がわかっていて、一方の親はイライラしていたり、周囲に当たることすらあります。そこまでいかずとも、「親子で言い合い」が頻繁に起こるという現象としても現れます。つまり、「親の一方的な強制→子どもは渋々やる」という小学校時代から一歩先に進み「親の一方的な強制→子どもの反発→親のさらなる反発」がループのように繰り返されるのです。

本来は年齢が高い側が、大人としての対応をしなければならないのに、同等のレベルで言い合いをする現象となってしまうのです。そこで、あらためてここで、重要な原則を知る必要があるのです。

「親は成長が止まっているが、子どもは成長していることを知る」

子どもは成長しているのです。変化しているのです。子どもが生意気になった、口答えしてきたという状況は子どもの成長であり、それはとても喜ばしいことなのです。

では、今後どのように対応していけばよいのでしょうか。次に解決策についてお話ししましょう。

一緒にいることと、信頼関係があることは別

解決策はいくつもありますが、ここでは最優先すべき解決策を1つ提示しましょう。それは親子の間での信頼関係の構築です。親子なのだから信頼関係はあると思っているかもしれませんが、同居をして日頃接していても、信頼関係があるかどうかは、また別のことです。信頼関係ができていれば、親の言うことが理解できます。もちろんそれが理にかなった内容である場合ですが。

さて、この信頼関係の構築ですが、どうすればいいかおわかりでしょうか。信頼関係の構築は、コミュニケーションの「量」と大きく関係します。

事実、信頼できる人とはコミュニケーションを多く取ることも多いでしょう。阿吽(あうん)の呼吸で言葉が少ないケースもあるかもしれません。しかし、自分とソリが合わない人や、できれば話したくない人とはコミュニケーションは取りませんね。ですからますます、信頼関係はなくなっていくのです。これは人対人だけでなく、国対国でも同じです。コミュニケーションがなくなれば、対立するのです。

日々顔を合わせる親子だからコミュニケーションは取っていると思われるかもしれませんね。しかし、コミュニケーションとはただ、話せばいいというものではありません。内容が重要なのです。これを間違えると、信頼関係は構築されません。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索