「自分にごほうびする人」は幸せになれない ひろゆき氏が考えるおカネと幸福のルール

「自分にごほうびする人」は幸せになれない ひろゆき氏が考えるおカネと幸福のルール

誰もが知っていることですが、日本の人口が減り続ける中、日本はこれからどんどん変化していきます。こうした中で、幸せに生きていくには、個人の生き方や考え方もシフトしていかなければいけません。

おカネについてもそうです。たとえば、「年収1000万円以上あれば幸せだ」という幻想があります。どうせ働くなら、給料のいいところがいいよね、できれば1000万円以上欲しいよね、というあれです。ただ、地方なら別ですが、都内だと年収1000万円ではそんなに豪華な暮らしはできないのが現実です。

結婚して子どもが2人いて、2人とも大学に入れるとなると、そんなに可処分所得を作ることができません。年収1000万円なのに貯金が全然ない、という人も珍しくありません。一方で、僕と同世代の40代男性の平均年収は400万〜500万円でしょうから、むしろ1000万円稼いでいるという人は少数派なのです。

「ここまで貯めれば安泰」はもうない

そこで、僕は「経済と幸せを切り離して考えよう」ということを提案しています。それにはまず、「おカネとの付き合い方」をちゃんと考えることが必要になります。つまり、「おカネは使えば減るし、貯めておかないとあとで困る」という感覚を持つことが大事ですし、それを熟知したうえでおカネを使うことが大事です。

今後は、「どれだけおカネを貯めれば将来安泰か」という基準も変わってきています。15年ほど前、おカネを貯めてマンションを買って、その賃貸料で暮らすことが「労働からの卒業」と言われていたことがありました。ある程度の年齢まで働き、資産を作って回す人生というのは、とても夢があるように聞こえます。

しかし、少子高齢化が進むにつれて、「ここまでおカネを貯めたら労働者としての生活は卒業して、ゆっくり生活できる」というラインはどんどん遠ざかっていきます。今は高齢者が「将来安泰だから若い人や次世代の人を支援する側に回ろう」と言えなくなっている世の中なのです。

こうした中、安心できるまでがむしゃらにおカネを稼ぐことより、「今の生活で満足できるように考え方を変える」ほうが、幸せになるには手っ取り早くないでしょうか。というのも、僕は自分がいくら稼ごうと、月5万円の生活を崩したことがありません。そして、それで十分幸せを感じているのです。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索