スウェーデン人がイノベーションに強いワケ 福祉と経済成長の"二兎を追う"原動力

スウェーデン人がイノベーションに強いワケ 福祉と経済成長の"二兎を追う"原動力

世界有数の福祉国家でありながら、イケアやスカイプといったグローバル企業を生み続ける国、スウェーデン。日本人があこがれる国の1つといっても過言ではないかもしれません。

彼らはいかにして今の状況を作り上げてきたのか。スウェーデン大使館、科学・イノベーション参事官のニクラス・クヴィセリウス博士に聞きました。

ステレオタイプや偏見を持たせない環境

――スウェーデンはイノベーションランキング2017で世界2位、『フォーブス』にBest Country for Business(ビジネスをするのに最適な国)で1位に選ばれました。イケア、スカイプ、マインクラフトなど名だたるグローバル企業がスウェーデンをベースとしています。グローバルとイノベーション。世界の国々が求めているものをどうしてスウェーデンは成し遂げられているのでしょうか。

その1つは「Tolerance(寛容性・耐久力)」にあると思います。イノベーションを起こすためには、さまざまな意見と視点が生まれる多様性が重要ですが、寛容なことは多様性があるチームで働くときにとても大切なことです。

まず、スウェーデンには小さい頃から男の子、女の子、肌の色、宗教に対してのステレオタイプや偏見を持たせない環境があります。

男の子は青、女の子はピンクというような固定観念はなく、親はさまざまな色を子どもに着せます。洋服でもおもちゃでも、お店であからさまに男の子向け、女の子向けというディスプレーはされません。

学校教育が担う役割も大きいです。学校ではスポーツやアクティビティはすべて男女混合で行います。肌の色、宗教、LGBTも関係ないことをきちんと理解をするために、物事に偏見がない小学生のときからさまざまな宗教や世界の地理を学び、移民や宗教関係の人に話をしてもらうこともあります。

私が高校のときにはLGBTの人が学校に来て、「自分のままでいいんだよ!」ということを話してくれましたよ。そのような環境から自然と寛容性が身に付くのです。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索