「マイクロマネジメント上司」の実態と対策 パワポ資料は2ミリ単位で口を出す

「マイクロマネジメント上司」の実態と対策 パワポ資料は2ミリ単位で口を出す

会社がつらい、辞めたい……。そう思う人は、仕事そのものというより、職場の人間関係で行き詰まっていることも多いかもしれません。自分自身に原因があるとは限りません。会社のあちこちに生息する「困ったおじさん、おばさん」に追い詰められていることも。
そんな恐るべき現場を数多く見てきたのが、元外資系OLでコラムニストのずんずんさん。この連載では、そんな彼らの生態を解き明かし、対策も考えていきます。

こんにちは! ずんずんです。そろそろ春も近づいて、花粉の季節がやってまいりました。イケてる東洋経済オンラインの読者の方にも花粉症の方は多いかと思います。

ただでさえ、花粉症でうんざりしているところに、上司が、

「このパワポのココの文字、あと2ミリぐらい上にできない?

みたいなことを言ってくると、

細かいんだよ! 細かすぎるんだよ! 花粉の粒子より細かいよ!

なんて気分で、さらにうんざりしてしまいますよね。お前をスギ山に連れてってやろうかって気になりますよね。え? そんなことはない?

でもその小言の内容が、常軌を逸するぐらい細かすぎるなら……。もしかしたらそのおじさんは、マイクロマネジメントおじさんなのかもしれません。

本日の困ったおじさんはエントリーナンバー6「マイクロマネジメントおじさん」です。

マイクロマネジメントおじさんの特徴

マイクロマネジメントおじさんは、その名のとおり、すさまじくマネジメントが細かいおじさんのことです。メールの書き方、電話の仕方、資料の作成の仕方まで、それこそ細部まで指示を出してきます。

逆に言えば細部まで指示を出せるということは、細部まで見ているということでして、恐るべき処理能力をもったおじさんでもあります。

おじさんは重箱のすみのすみまでつつきまくるため、その細かさについていけず部下がつぶれてしまうこともしばしばです。

私も、何度もこのマイクロマネジメントおじさんにつぶされかけました。そもそも私は、会計系の専門職であったため、仕事の性質上、どうしても細かくなっていきます。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索