「金銭面で評価されない人」に欠けてる視点 「オール5思考」は実社会では通用しない

「金銭面で評価されない人」に欠けてる視点 「オール5思考」は実社会では通用しない

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

首都圏に住んでいる、31歳女性、独身で、飲食物販業の本社で事務をしています。

今、転職しようか悩んでいます。理由は低賃金です。手取りで18万円弱程度です。現在2社目なのですが、前職時より年収は52万円ほど減りました。それに加え、現在の仕事は見込み残業代込み、祝日出勤ありなので、そこがかなり不満です。

現在実家暮らしですが、金銭面で1人暮らしはできそうもありません。

新卒でITアウトソーシング会社に就職しましたが、6年勤めたのち、仕事を辞めてワーホリで英語圏の国へ1年行きました。環境が変わるのが苦手な私にとって、かなり思い切った決断でした。以前から海外で英語を勉強したいと思っていたので、現地で5カ月間語学学校へ行き、あとはレストランで働きました。

帰国後、違う業界、フード系業界に行きたいと思い就活し、今に至ります。

仕事内容は事務といっても少人数で本社を回していることもあり、店舗の備品発注から、求人の調整、POP類の手配、ホームページの更新、問い合わせ対応など、いわゆる何でも屋です。

現状の仕事内容に満足していませんが、いつか商品開発に携わりたいと思い仕事をしています。

金銭面のことさえ解決すれば、今の仕事を続けてもいいと思えるのですが、納得できる給与がもらえる見込みもありません。年齢的に転職できるチャンスも減っていくので焦るばかりです。

転職するか、しないで頑張るか、どうすればいいのでしょうか。

会社員 迷走アラサー女

スキルを磨く場所がどこにあるのか

転職するべきか否かは、迷走アラサー女さんにとって具体的スキルを磨く場所が現在いる会社以外にあるかどうかによります。

納得できる給料がもらえる見込みがないのは、ズバリ迷走アラサー女さん個人としての具体的なスキルや経験がないからです。

6年間IT系の会社に在籍し現在の会社に至るとのことですが、もしかしたらそのキャリアにおいて一貫した何かしらのスキルを身に付けることができなかったのかと推測します。

30代になってくると、転職にかかわらず給料は個人として持っている具体的なスキルと経験に応じて決まることになります。

会社が抱えている課題解決に寄与する具体的な能力を有しているか否かが転職時や給与査定時には見られるのです。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索