保育園「死亡事故発生率」が示す不都合な真実 午睡中の乳児死亡事故は防げなかったのか?

保育園「死亡事故発生率」が示す不都合な真実 午睡中の乳児死亡事故は防げなかったのか?

3人の子を持つ母親として、日々待機児童問題に取り組む筆者にとっても、本当に胸が痛む事故がまた起きた。東京都練馬区の認可外保育園「若草ベビールーム」で10月3日、預けられていた生後6カ月の男児が死亡したのだ。

報道によると、職員が男児にミルクを飲ませた後にベッドで寝かせ、30分後に確認したときにはぐったりした様子だったという。そもそも、午睡中30分も放置するというのはありえない。

調べてみると、同園は40年続く「老舗」とも呼べる存在だった。にもかかわらず、睡眠時の危険性を十分に理解していないと言わざるをえない。

午睡中は最も注意すべき時間

そもそも、睡眠時に子どもを放置しておくとなぜ危険か?というと、睡眠時の突然死が圧倒的に多いからだ。乳幼児の死亡事故は原因がさまざまあり、原因不明が最も多いのだが、うつ伏せで寝る子の突然死が特に多いといわれる。このことは産院でも習うし、母子手帳にも記載があるため、母親なら誰もが知っている。

しかし、生後間もない新生児は仰向けに寝かすと軽く手足を動かす程度で、うつ伏せになることができないので、うつ伏せ寝の危険がないと油断してしまう。ところが、ある日突然、「仰向け→うつ伏せ」の寝返りができてしまうのだが、「うつ伏せ→仰向け」には戻れないのだ。

乳幼児の突然死が発見されたときの状態は、うつ伏せ寝が6割とされている。それゆえに午睡中は最も注意すべき時間であるし、初めての寝返りが起きやすい生後6カ月は細心の注意が必要だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索