無限に働く生活をやめるための「5つの視点」 「自ら考えて動ける人」になるための方法

無限に働く生活をやめるための「5つの視点」 「自ら考えて動ける人」になるための方法

視点⑤ 考えても仕方がないことは考えない

考えて決断できるのであれば、徹底して考えるべきです。ですが、考えても仕方がないことは、考えないほうがはるかに合理的です。

時間は有限で、1日は24時間しかありません。時間を有効に使うには、取捨選択が必要になります。僕の取捨選択の基準は単純で、まず「好き、嫌い」です。何ごとも、好きなことなら長続きするからです。

考えないほうが合理的な理由

AとBの2択があって、どちらも同じくらい「好き」な場合は、「コインの裏表」で、選択肢が3択以上なら「あみだくじ」で決めます。情報を集め、期限を決めて考え、それでも結論が出ないときは、この方法がいちばん効率的です。なぜかと言えば、AとBについて情報を集め、集中して考えても結論が出ないのならば、AとBとの間にはそれほど差がないということ。どちらに決めても大した違いはないのです。

考えたほうが早く正しく決断できるのであれば、徹底して考えたほうがいい。けれど、考えても仕方がないことは、考えないほうがむしろ合理的なのです。例えば、10年先、20年先、100年先のことなど誰にもわかりません。それはもう人智を超えたところにあるので、そんなことを考えても仕方がないと思います。

僕は、ダーウィニストですから、「将来何が起こるかは誰にもわからない。人間にできることは、運(適当なときに適当な場所にいること)と適応だけ」と心底思っています。わからないことをあれこれと詮索するよりも、過去の教材(歴史)を勉強するほうがはるかに性に合っています。そのほうが適応力が増すのではないでしょうか。

自分の想像や自分の力量を超える仕事を任されたとき、今までと同じやり方、今までと同じ考え方では、今までと同じ結果しか得ることができません。そのため、自分の頭で必死に考え、工夫をする知的生産が大切なのです。すると、自然と仕事にイノベーションが起きて、短時間で成果を出す働き方にもつながるはずです。ぜひ、自分の頭で考えた先の新しい世界を見てみてください。

著者:出口 治明


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索