「30歳給料が高く労働時間少ない会社」TOP100社 30歳賃金30万円以上が対象、1位は1618.6時間

「30歳給料が高く労働時間少ない会社」TOP100社 30歳賃金30万円以上が対象、1位は1618.6時間

若手に厚遇で、総労働時間が少ない会社はどこか (写真:EKAKI/PIXTA)

若手の賃金が比較的高く年間総労働時間が少ない会社はどこか。

今回は『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2019年版のデータを使い、大卒30歳平均賃金が30万円超を対象にした、年間総労働時間が少ない会社をランキングした(全体のランキングは『CSR企業白書』2019年版に掲載)。つまり、ここに掲載されている会社は、給料が多いのに労働時間が少ない会社だといえる。

1位は生活協同組合の物流子会社

ちなみに『CSR企業白書』2019年版での大卒30歳平均賃金の平均値は、30万5654円(対象672社)。東洋経済CSR評価でも「30歳30万円」は、賃金が比較的高いと判断する目安と考えている。

では、ランキングを見ていこう。

1位は日本生活協同組合連合会の物流子会社のシーエックスカーゴで1618.6時間。大卒30歳平均賃金は32万6807円。ただ、労働時間は短時間労働者を含む数字のため、低くなっているようだ。

それでも月残業時間は13.3時間と少ない。有給休暇取得率も付与日数は少ないものの、94.6%と高レベルで働きやすい環境であることは間違いなさそう。また障害者雇用率が5.39%と高くダイバーシティーも進んでいる。

2位は塩野義製薬。管理職、裁量労働制以外の一般社員対象の総労働時間は1725.0時間で30歳平均賃金は34万375円だった。タイムマネジメントデーの設定やシステムを用いた残業時間管理、アラートの発信などで残業時間削減に取り組んでいる。フレックスタイム制度、短時間勤務制度、半日単位の有給休暇制度など「働き方改革」も推進している。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索