私は東京・渋谷にてアクシスという20代向けのキャリア支援サービスを提供する会社を経営しています。「すべらない転職」という30万人の転職者を対象にしたメディアも運営しており、読者から多くの悩みや相談を受けます。

年収を上げたいという人もいれば、年収は高いけれど今の働き方は続けられないという人など、人によって相談はさまざまです。

しかし、多くの20代は年収が高くなれば、誰もがうらやむようなキャリアを手に入れることができれば、幸せになれると思い込んでいるように感じています。

そこで、今後複数回に分けて「20代トップキャリアの真実」というテーマで、転職エージェントだからこそ知っている、若くしてトップキャリアを実現した人たちのリアルな実態をお伝えします。

年収1000万円以上を稼ぐ20代の転職事情

働くうえで「年収1000万円」が、1つの夢になっている方も多いのではないでしょうか。日本国内の20代の労働者において、年収1000万円以上はわずか0.2%。若くしてすでに高収入を得た彼らは、誰もがうらやむトップキャリアを歩んでいるとも言えるでしょう。

「平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、一般労働者(大学・大学院卒)の平均賃金は20歳〜24歳で男23万円・女22万3800円、25歳〜29歳は男26万3800円・女24万7500円です。

年収ベースでは300〜350万円台が一般的な数字と言えます。その中にあって、20代の若さで年収1000万円以上に到達してしまった彼らは、一体どんな人達なのでしょうか。

トップキャリアの20代の転職やキャリアの相談を受けていると、就職先の企業や働き方のスタイルから、大きく3つのタイプが浮かび上がってきました。今回は私が考えたタイプ別のトップキャリア20代の傾向や、そんな彼らのその後の「転職事情」に触れていきます。