私たちの日頃の行動に大きな影響を与える「自己肯定感」。心理カウンセラーの中島輝氏によると、自己肯定感は「6つの感」によって形成されており、1つでも揺さぶられると自己肯定感は低下します。『書くだけで人生が変わる自己肯定感ノート』の著者でもある中島氏がその仕組みについて解説します。

子どもの頃から「いい子」だったというAさんは、母親に言われるがままに高校、大学の受験先を決めて進学。就職活動中にはやはり母親の勧めで簿記を習い、会計事務所に就職しました。入所後は上司の言うことを忠実に守り、所内での評判は上々でした。

ところが20代後半に差しかかると、周りの同世代が転職や結婚をし始め、それぞれが自分の人生を自分で決めていることを知り、焦りを感じ始めます。そこでAさんは自立を決意。実家を出ようと考えましたが、行動に移すことができず、いつのまにか30代に突入してしまいました――。

こうした悩みを抱えている人は少なくないのではないでしょうか。周りの意見を素直に聞く人は「いい人」と評価されがちですが、裏を返せば自分では決められないということであり、あまり褒められたことではありません。こうした特徴の人は、「自己肯定感」に問題を抱えています。

自己肯定感をつくる「6つの感」

自己肯定感とは、自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられることであり、いわば生きるエネルギーそのものです。自分や他人、未来を信じることができるのは、自己肯定感がその思いを支えているからです。

それが低いとどうなるでしょうか。新しいことにチャレンジしようと思っても「どうせ失敗する」と、すぐに自分で行動にブレーキをかけてしまいます。自己肯定感が高ければそうしたことは起きませんが、「自己肯定感は時と場合によって、高くもなり、低くもなる」「自己肯定感は、強い人と弱い人がいる」という2つの法則がそれを阻みます。

なぜ自己肯定感は上下動するのでしょうか。その原因は、自己肯定感を支える「6つの感」にあります。すなわち「自尊感情」「自己受容感」「自己効力感」「自己信頼感」「自己決定感」「自己有用感」です。これらがどのような感情なのかを、「自己肯定感の木」にたとえて説明します。