6月12日に文部科学省と厚生労働省が発表した、2020年3月に卒業した大学生の4月1日時点の就職率は、前年比0.4ポイント増の98.0%という数字となり、2018年卒と並んで過去最高を記録した。

新型コロナウイルスの急激な感染拡大で、経営に行き詰まった一部の企業で内定取り消しや新入社員の解雇が行われたとの報道もあったが、2020年卒のほとんどの就活生は、ここ数年続いてきた売り手市場の環境の中で、無事に就職ができたようだ。

一方で、コロナ禍の影響をまともに受けたのが2021年3月卒業予定の就活生だ。外出自粛、海外渡航禁止などによる業績の低迷で、新卒採用がストップされたり、採用予定数の削減が発表されたりと、企業の採用意欲は急激に冷え込み始めたようにも感じられる。

2020年卒の就職率は過去最高タイ

2021年卒の選考も、感染症対策に追われて遅れが出ているようで、「マイナビ 2021年卒 大学生活動実態調査」の結果を見ると、6月15日時点の内々定率は57.6%で、前年同日比14.4ポイントのマイナスとなっている。数字だけを見ると、先行きの不透明感ばかりが気になって、本当に内定がもらえるのか、卒業までに就職が決まるのか不安に思う就活生は少なくないかもしれない。