HIS、「変なホテル」100軒体制目指す大胆戦略 投資枠は最大2000億円、ホテル事業に本腰

HIS、「変なホテル」100軒体制目指す大胆戦略 投資枠は最大2000億円、ホテル事業に本腰

旅行会社大手HISがホテル業強化の姿勢を鮮明にしている。同社は3月15日、千葉県浦安市に「変なホテル舞浜 東京ベイ」(以下東京ベイ)を開業すると発表した。

会見したHISの澤田秀雄会長兼社長は「変なホテルは変化し、進化し続けるポリシーで作られたホテル。新しいビジネスモデルを世界に展開していきたい」と語った。

9種類、140体のロボットを投入

昨年10月、12年ぶりに社長に返り咲いた創業者の澤田秀雄氏(左)と社長から副会長に昇格した平林朗氏(右)(記者撮影)

HISのグループ会社ハウステンボス(長崎県佐世保市)は、2015年7月に「変なホテル」初号棟(以下、初号棟)を開業。受付やクローク、室内清掃にロボットを活用した作りで話題を集めた。今回、東京ベイは2軒目のロボットホテルとなる。

東京ベイにも9種類、140体のロボットを投入。受付にはベロキラプトルのロボットほか、水槽の魚類ロボット、実物大のティラノサウルスの模型などを配置。全客室にもAIを搭載したコンシェルジュロボットを備えている。

東京ディズニーリゾートに近い立地のため、家族客やグループをターゲットにしており1室あたり大人3〜4人が泊まれる作りとなっている。客室は100室で公式サイトによれば、1泊2人で1.5万円〜4万円という価格設定だ。

格安旅行会社のイメージが強いHIS。だが近年では2010年に経営再建に携ったハウステンボスがグループ全体の利益の半分近くを稼ぐまでに成長。澤田氏はHISの経営をいったん離れ、ハウステンボスの社長に専念していた。

澤田氏は就任直後からハウステンボスの業績を好転させた。さらに現地でロボットを活用したアトラクションや「変なホテル」を開設。最近では宇宙ベンチャーへの出資や野菜工場、新電力への参入などさまざまな事業に手を広げている。

その一方で、絶好調だったHISの業績も最近では伸び悩んでいる。昨年12月に発表した2016年10月期決算は売上高5237億円(前期比2.6%減)、営業利益142億円(同28.5%減)と低迷した。

利益の4割を稼ぐハウステンボスが熊本地震の影響で大幅な減益に。主力の旅行事業も、採算性の高い欧州旅行がテロの影響を受けたうえ、訪日観光客が“爆買い”した際に受け取る手数料が激減したことも痛手になった。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

08時24分更新

社会のニュースをもっと見る

07時29分更新

経済のニュースをもっと見る

00時28分更新

政治のニュースをもっと見る

05時07分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

07時03分更新

エンタメのニュースをもっと見る

06時00分更新

スポーツのニュースをもっと見る

07時19分更新

トレンドのニュースをもっと見る

13時07分更新

仕事術のニュースをもっと見る

11時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

18時30分更新

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索