300万本突破!超人気「ドラクエⅪ」の舞台裏 「原点回帰」を徹底し、2機種発売で大ヒット

300万本突破!超人気「ドラクエⅪ」の舞台裏 「原点回帰」を徹底し、2機種発売で大ヒット

1986年の発売以来、30年以上国民的ゲームとして親しまれてきた『ドラゴンクエスト(ドラクエ)』シリーズ。スクウェア・エニックス・ホールディングスの超人気シリーズだ。その最新作となる『ドラクエⅪ』が7月29日に発売された。

今作はゲーム業界では異例の対応となった。据え置きゲーム機である『プレイステーション4(PS4)』と携帯ゲーム機である『ニンテンドー3DS(3DS)』で両面展開されているのだ。

発売後の出足は好調だ。ゲーム雑誌『週刊ファミ通』を発行するGzブレインの調べによると、ダウンロード版を除く、発売後2日間の国内販売本数は2機種合計で208万本。内訳を見ると、3DS向けが113万本、PS4向けが95万本だった。また、8月7日には国内のパッケージ出荷とダウンロード販売の合計が300万本を突破したと公表された。

30年以上に渡ってシリーズの人気と品質を維持していくのは並大抵のことではない。スクエニは最新作にどのような工夫を詰め込んだのか。

30周年にふさわしい、「王道のドラクエ」

ドラクエⅪの開発が始まったのは2013年ごろまでさかのぼる。エグゼクティブプロデューサーとして開発指揮を執った、スクウェア・エニックスの三宅有執行役員は「最初に決まったのは、ドラクエ30周年の集大成として王道のドラクエにしようということだった」と振り返る。

ドラクエはこれまで、ゲームデザインとシナリオを堀井雄二氏が、キャラクターデザインを鳥山明氏が、音楽をすぎやまこういち氏が担当するという「御三家」の枠組みは維持しながら、システムや演出を時流に合わせて進化させてきた。

たとえば『ドラクエⅧ』(2004年)はPS2の登場で表現の幅が広がったことを受け、3Dの広大なフィールドを冒険するコンセプトで作られた。『ニンテンドーDS』で発売された『ドラクエⅨ』(2009年)では、持ち運んで友達と遊べるように、『ドラクエⅩ』(2012年)ではインターネットを介してほかのプレーヤーと遊べるようになった。

こうした流れに対し、今作は原点回帰を狙っている。オンライン要素を増やすと複数人で楽しめる反面、プレーヤーにとって、自分が世界の中心にいるという感覚は薄れる。今作ではオンラインプレーをなくし、プレーヤー自身がドラクエの世界の主人公として世界を変える物語にした。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索