「貯蓄型保険」には入らないほうが良い理由 「万一の時」は保障、貯金もでき一石二鳥?

「貯蓄型保険」には入らないほうが良い理由 「万一の時」は保障、貯金もでき一石二鳥?

今回のマネー相談は、ズバリ「貯蓄性の保険でおカネは貯まるのか」です。貯蓄性保険にも終身保険や老後資金を考えた個人年金保険などいろいろありますが、一般的には普通の保険ほど手厚くはないにせよ、病気など万一のときに保障が受けられます。さらに銀行に預けるより利息もつくため、「一石二鳥」として人気保険商品の一つです。この連載でも別の記事の途中で扱ったことがあるのですが、お問い合わせが多いので、今回はすべてのページを使って説明したいと思います。例によって、ケーススタディの年齢が読者の皆さんと一致しなくても大丈夫ですので、早速見ていきましょう。

「貯蓄性保険」加入なら「実質保険料なし」は本当?

相談に来たのは後藤雅之さん(40歳・会社員・仮名)と妻の里佐子さん(26歳・会社員)。現在のところ、子供はいません。1年前、結婚をしたのを機に、生命保険に加入しました。雅之さんには「掛け捨ての保険は損」という先入観があり、訪れた保険ショップで、勧められた「終身保険」と「個人年金保険」に入りました。

里佐子さんも同じ保険に加入。さらに14歳の「歳の差婚」なので「夫の亡き後も困らないように」と、里佐子さんはもう1つ終身保険を勧められて加入しました。後ほど詳しく説明しますが、2人が入った保険は終身保険3つ、個人年金保険2つの計5つ。年間の保険料総額は、2人で約95万円です。現在の後藤家の家計の手取りは年収570万円なので、95万円は年収の約17%にあたります。

岩城:保険ショップに行って、「貯蓄性の保険に入りたい」とおっしゃったのですか? 保険料がずいぶん高いと思いませんでしたか?

雅之さん:以前、掛け捨ての保険に入っていたこともあるのですが、掛け捨てはなんとなく損をした気分になります。保険料は、確かに高いと思いました。でも返戻率が100%以上なので、実質の保険料負担なしで、保険を持つことができると言われて、「なるほど」と思ったのです。事実上の定年である65歳くらいになったら、解約してもいいかなと考えています。

岩城:今、雅之さんがお持ちの終身死亡保険は、保険金額が1000万円で、保険料の払い込み満了は65歳ですね。確かに65歳時点での返戻率を見ると103.7%です。払込保険料は、総額で約780万円。65歳のときに解約すると、解約返戻金が約810万円です。つまり、「その間、実質的な保険料の負担がなく保障が受けられるし、おカネまで貯まるのでお得」であると、そういうことですか?

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索