多すぎる!「インスタ映え」にまつわる大誤解 ゆうこすが教える、失敗スポット「あるある」

多すぎる!「インスタ映え」にまつわる大誤解 ゆうこすが教える、失敗スポット「あるある」

「Instagram」「Twitter」「LINE」……etc。SNSを仕事でも使う機会が増えています。実は苦手、よくわからない……でも、知っておいたほうがいいんだろうな……。そんなことをうっすらとお思いの皆さんに、SNSの申し子、20代女性に圧倒的な人気を誇る「ゆうこす」こと菅本裕子が、イマドキSNS事情をお届けします。

元アイドルという異色の経歴を持ち、どん底の時代からSNSを駆使して自分をブランディングし、女子の支持を得た彼女ならではの視点。著書『SNSで夢を叶える』も発売したゆうこす、その連載4回目は「インスタ映え」についてです。

「インスタ映え」ビジネスという視点

「インスタ映え」と聞いて、私には関係ないなと思った方。今回の記事は、若い女の子に向けてではなく、東洋経済オンラインをお読みのビジネスパーソンの皆さまに向けて書きました。

インスタグラマーがリアルな視点で語る「インスタ映えビジネス」。ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

テレビや雑誌、ウェブの記事など、メディアが今こぞって特集している“インスタ映え”。写真共有がメインのSNS、Instagram(以下、インスタ)に写真を投稿したときに「見栄えがいい」という意味で使われています。

今年話題の「ナイトプール」(主に東京のホテルなどが夜間に営業しているプール)は、インスタ映えする写真が撮れることから女性人気に火が付き、入場料が5000円から1万円以上と高いにもかかわらず連日大盛況。地方でも、なんてことない壁に天使の羽のイラストを描いただけで若者が殺到する、という現象が起きています。

第1回の記事でも書いたように、インスタには高い口コミ効果、拡散力があります。つまり、インスタで話題になれば、より多くの集客が見込めるのです。

実際に、若い女性向けのイベントやフェス、スイーツを提供するお店では、インスタに載せる写真を撮りたくなるような空間づくりを積極的にしています。インスタ映えはいまや、ビジネスにも欠かせない要素といえるでしょう。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索