ブルーボトルが「ネスレ」を選んだ決定的理由 来日した創業者とCEOに直撃!

ブルーボトルが「ネスレ」を選んだ決定的理由 来日した創業者とCEOに直撃!

コーヒーファンには衝撃的なニュースだったかもしれない。9月15日、米ブルーボトルコーヒーが株式68%を食品世界最大手ネスレに売却、傘下入りすると発表したのである。

報道によると、ネスレの出資額は約5億〜7億ドル(約560億〜約780億円)と膨大だ。突然の巨額出資に、日本や米国のファンからは「ビジネス的には大正解」「大好きなロックバンドが大手レーベルに心を売ったような気分」と、賛否両論の声が飛び交っている。

サンフランシスコのファーマーズマーケットに小さなコーヒー店を出してから15年。サードウェーブの旗手にどんな転機が訪れているのか。来日中の創業者ジェームス・フリーマン氏、ブライアン・ミーハンCEO、そして日本代表の井川沙紀氏を直撃した。

「ネスレの一部にはならない」

――ネスレによる大型出資が決まった経緯は。

ブライアン・ミーハン(以下、ミーハン):私の友人が、ネスレのサステイナビリティ(持続可能性)委員会にいて、彼のことはかなり長いこと知っている。彼は、後に(カリフォルニア州)パロアルトの店舗になる場所を紹介してくれたことがあるし、彼の娘さんはニューヨークにあるロックフェラーセンター店の常連でもある。彼自身がまず、ブルーボトルのビックファンだったことが大きい。

創業者のフリーマン氏(左)と、ネスレとの交渉をまとめたミーハンCEO(右、写真:今井康一)

ブルーボトルは大型の出資元を探していたわけではない。が、そういう縁がある中で、ネスレの新たなCEOとなったマーク・シュナイダー氏と知り合った。彼は目下、ネスレの再編に力を入れていて、事業分野の中ではコーヒー、地域の中では北米を強化しようとしている。そうした中で、「ブルーボトルと話してみたらどうか」といろいろな人に言われていたようだ。ネスレは「家の中」の事業から、「家の外」の事業へと軸足を移そうとしていて、ブルーボトルから多くのことを学べると考えたわけだ。

今回の出資で大事な点は、今後もブルーボトルは独立した企業として運営され、ネスレは私たちのビジネスには一切関与しないということだ。ブルーボトルがネスレの一部になることはなく、いまと同じように独立した形で事業を続ける。今回の出資でブルーボトルの投資家はネスレだけになる。つまり、ジェームスと私はよりおいしいコーヒーを出すことに集中できるわけだ。

ジェームス・フリーマン(以下フリーマン):ありがたい限りだね。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索