楽天が債務超過寸前のフリーテルを買う理由 大赤字の格安スマホ事業を5億円で買収

楽天が債務超過寸前のフリーテルを買う理由 大赤字の格安スマホ事業を5億円で買収

9月26日、EC国内大手の楽天が、格安スマホ「FREETEL(フリーテル)」を展開するプラスワン・マーケティングの国内MVNO事業(NTTドコモなどから回線を借りた通信サービス)を買収すると発表した。同日に取締役会で決議し契約を締結、11月1日に買収を実行する予定だ。

買収で楽天モバイルは国内2位級に

同じく格安スマホサービス「楽天モバイル」を展開する楽天は国内で3位、フリーテルは同5位(2017年3月末、MM総研調べ)。買収で楽天の国内シェアは15%前後となり、国内2位のインターネットイニシアティブ(IIJ)と肩を並べることになる。国内首位はNTT傘下のNTTコミュニケーションズでシェア17%。NTTコム、IIJとも法人向けに強いのが特徴だ。

楽天は約3年前の2014年10月に格安スマホに参入。楽天ポイントが通信料の支払いに使えることなどをアピールし、楽天市場のヘビーユーザーを中心に契約者を増やしてきた。個人向けではすでに国内トップ級だ。

「楽天モバイル キャラバンカー」はその場で契約できる移動販売店舗。プロ野球の球場前でスマホ契約を取ることから始め、全国に展開する(撮影:田所千代美)

X JAPANのYOSHIKIさんなど有名アーティストを起用して広告宣伝費を積極投入、家電量販店やショッピングモールの店内などに実店舗も大量出店しシェアを伸ばしてきた。

2017年9月21日時点で楽天モバイルのショップは全国に174店舗。「2018年3月末までに200店舗達成を目指している」(楽天モバイル事業担当の大尾嘉宏人執行役員)。今月末からは車両型の移動店舗を導入するなど、販売チャネルの多様化に余念がない。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索