日経平均株価は2万1000円を突破できるか このまま上昇すれば、10月は4年連続で上昇

日経平均株価は2万1000円を突破できるか このまま上昇すれば、10月は4年連続で上昇

日本株が堅調な値動きを見せている。日経平均株価は10日も年初来高値を更新、2万0823円で取引を終えた。

実は、長期的に日経平均株価を振り返ると、10月相場は対照的だ。1980〜2000年代には歴史的な下げ相場が何度かあった一方、2014年以降は上げ相場が続いている。今月はこのあとどうなるのか。テクニカル面から日本株の見通しを探ってみた。

まず、10月にあった「歴史的な下げ局面」を挙げてみよう。以下のように3回あった。

① 1987年10月19日 ブラックマンデー

双子の赤字の拡大やルーブル合意の信頼性の破たん等を背景に、NYダウが一晩で22.6%安となった。翌10月20日の日経平均株価も2万1910円と、前日比14.9%安と急落した。

② 1998年10月23日 長銀国有化

日本国内で次々と大手金融機関の不良債権問題が表面化し、銀行や証券会社の破たんが続いた。これを機に、個人マネーはタンス預金に向かったともいわれている。
なお、当時の日経平均株価は1万4144円。

③ 2008年10月28日 平成バブル崩壊後の最安値

米金融危機を発端に、世界のマネーの流動性が枯渇。日経平均株価はバブル後安値6994円をつけ、しばらく日本株の低迷期が続く。

一方、2014年以降の10月相場を見てみよう。

2014年10月 +1.5%(同月末の日経平均株価1万6413円)
※10月末に日銀追加緩和があり、一気に上昇
2015年10月 +9.7%(同1万9083円)※中国人民元切り下げ後の反発
2016年10月 +5.9%(同1万7425円)※翌11月にトランプラリー
2017年の10月相場は+2.3%(10日時点)と年初来高値圏で推移している。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索