崎陽軒シウマイ弁当、「タケノコ4倍」の狙い 唐揚げだらけやカリー…革命が起きている

崎陽軒シウマイ弁当、「タケノコ4倍」の狙い 唐揚げだらけやカリー…革命が起きている

崎陽軒の「シウマイ弁当」に革命が起きていることをご存じだろうか。

以前もシウマイ弁当についての記事(崎陽軒「シウマイ弁当」の秘密を知ってますか)を書いたが、あれから1年ちょっとが過ぎ、誰もが知っているシウマイ弁当以外に、近頃、さまざまなシウマイ弁当が誕生し始めている。

まずは初夏に1カ月間売られていた「メガシウマイ弁当」と「MINIプレミアムシウマイ弁当」。特に話題だったメガシウマイ弁当は、通常のシウマイ弁当の約1.5倍の大きさで、見た目のインパクトは相当であった。

シウマイ以外のおかずが主役?

そして記憶に新しいのが9月23・24日の土日2日間限定で発売された「トンデモ!?シウマイ弁当」だ。

トンデモ!?シウマイ弁当は「ドリーミング筍シウマイ弁当」と「忍法唐揚げの術シウマイ弁当」の2種類。各1000個ずつ限定販売された。実は両方とも入っているおかずは通常のシウマイ弁当と同じものである。しかし見てのとおり、明らかにおかずのバランスがおかしい。

左が筍煮4倍、真ん中が通常、右が唐揚げ5個のシウマイ弁当。撮影時、筍煮をアリが狙ってきた。アリも好きなようだ(筆者撮影)

「ドリーミング筍シウマイ弁当」は、通常のシウマイ弁当にも入っているあの筍(タケノコ)煮がなんと通常の4倍も入っている。シウマイより筍煮が主役なのだ。筍煮は大好きなので、思う存分食べられてうれしい。「忍法唐揚げの術シウマイ弁当」は通常シウマイ5個、唐揚げ1個のところ、鶏唐揚げがシウマイと入れ替わり、シウマイ1個、唐揚げ5個となっている。なるほど「忍法変わり身の術」というわけだ。

実は、私はメガシウマイ弁当を買い逃していた。販売期間が長かったためいつでも買える、とつい油断してしまったのだ。今回のトンデモ!?シウマイ弁当はたった2日間の勝負、買い逃すわけにはいかない。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索