定年後、最高の人生を送るための4Kとは何か 「40代」「50代」の人は今からすぐに始めたい

定年後、最高の人生を送るための4Kとは何か 「40代」「50代」の人は今からすぐに始めたい

「老後もおカネに困らずに暮らしたい」。これは多くの人の願いだ。だが、30〜40代の人たちが「年金世代」になる頃には、「年金の受給開始が70歳以上になる」とも言われる。すでに、主に年金だけで暮らす「高齢者無職世帯」の家計は月々3〜6万円の赤字(総務省の家計調査)だ。「定年を迎えたらあとは退職金や年金で悠々自適」というライフプランは過去のものとなりつつある。「老後難民にならないために、今からしておくべきこと」とは何か。

「老後は年金でなんとか食いつなげる」は甘い考え

今は現役バリバリのサラリーマンでも、50代の人はあと10年程度、40代の人でも20年程度で定年を迎えることになる(最近では、個人差はかなりあるにしても)。これまでの仕事人生がひとつの区切りを迎えるわけで、40代、50代ともなれば「これからの人生をどう生きていくか」を考えなくてはいけないタイミングのはずだ。

実際、当の世代の人たちは、定年後の人生をどのように考えているのか。まずは該当する40代、50代の2人のサラリーマンに「定年後のビジョン」を聞かせてもらった。やはり、というべきか、かなり温度差があるようだ。

Aさん(50代男性)「この年になって起業する気力も体力もないからね。今の会社には再雇用の制度があるから、定年の60歳以降も『クビ』になるまで会社に通うつもり。もちろん収入は大きく下がるだろうけど、仕方ないよね」

Bさん(40代女性)「定年後は『なるようになるだろう』と思っています。幸いなことに60歳になったら退職金がある程度は出ますし、年金も、まるごとはアテにできないですけど、もらえますよね。それで質素に生活していけば、食うに困るということはないと思うんです」

「定年を迎え、その後数年の再雇用を終えれば、あとは手元に残ったおカネで『お迎え』が来るまで細々と生活する――」。定年が徐々に迫ってきた人たちの多くは、個人差はあっても、このようなライフプランを描いているかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索