44歳独身貴族女性が親の死後味わう極貧生活 年収1億円のリッチな家で育ったのになぜ?

44歳独身貴族女性が親の死後味わう極貧生活 年収1億円のリッチな家で育ったのになぜ?

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、44歳のシングル女性C子さんです。44歳にはとても見えないほどかわいらしい方なのですが、なんとおカネに困っているというのです。「実は、頼りにしていた父がおカネ周りのことにだらしなくて……。父が1年前に死んでから、すっかり生活が変わってしまいました」と嘆くのです。C子さんのお話は、驚きの連続。どんな相談なのか、ぜひ読者の皆さんと、一緒に考えていきたいと思います。

何不自由ない「お嬢様暮らし」が続くはずが…

現在C子さんは、低所得者用の団地で年金生活の母親と2人暮らしです。今の生活からは想像がつきませんが、もともとC子さんは、とても裕福な家庭で育ちました。亡くなった父親は公認会計士で個人事務所を運営。年収は1億円以上でした。お母さんは専業主婦です。

一人娘のC子さんは、両親から溺愛され、幼稚園から大学まで私立ミッション系の「お嬢様学校」に通学。恵まれた環境で何不自由なく生活していました。大学生時代も、友達が就活に勤しんでいるころ、C子さんは就職についてはまったく考えず、大好きな歴史を究めるため、大学院進学を決意。進学後はそれこそ歴史の勉強に没頭しました。大学院修了後も、実家で暮らしながら、たまにアルバイトをする程度で、生活費の心配もすることなく自由に暮らしてきたそうです。

あるとき、そんなC子さんの生活が一変する出来事が起こりました。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索