スシローが「回らないすし店」に乗り出すワケ 業界トップも"ついに"フードコートに初出店

スシローが「回らないすし店」に乗り出すワケ 業界トップも"ついに"フードコートに初出店

回転ずしチェーンで最大手のあきんどスシローが、回らない新業態で勝負に出る。

同社は3月20日、初のフードコート業態「スシローコノミ」を横浜市の商業施設に出店する。店内にはスシローでおなじみの回転レーンは見当たらない。紙に食べたいネタを記入して店員に渡し、会計をした後に商品が出てくる仕組みだ。

郊外の出店競争は厳しくなるばかり

スシローコノミを出店するのは、20日に横浜駅に隣接する商業施設「ジョイナス」にオープンするフードコート「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」。スシローコノミ以外にも、カフェやイタリアン、ラーメンなど幅広い業態の飲食店が軒を連ね、130席の共有イートインスペースを設けている。

3月20日にオープンを迎える「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」。130席の共有イートインスペースも設けた(記者撮影)

新業態となるスシローコノミでは、最初に6貫、8貫、10貫、12貫の4種類から注文貫数を選択。そしてその数に合うようにスシネタを選ぶ。すしは1貫60円、100円、200円(いずれも税抜き)と、それぞれの金額のカテゴリーから好きなネタを選ぶ。

それ以外にも、みそ汁といったサイドメニューや、スシローのほかの店舗で注文できるラーメンやうどんなどの麺商品も提供する。生ビールなどのアルコールやソフトドリンクも、用紙に記入して注文することが可能だ。

スシローがフードコート内に出店するのは今回が初めて。郊外のロードサイドを中心に出店攻勢を続けてきたスシローの店舗数は現在約490店。昨年9月には島根県に出店し、47都道府県への出店を達成するなど順調に見える。そんなスシローがなぜ今、フードコートという新たな領域に進出するのか。

「郊外は競合他社も積極的に出店している。競争は厳しい状況だ」。スシローの福田哲也・取締役執行役員はこう危機感をあらわにする。スシローは年間30〜40出店を計画する一方で、競合のくらコーポレーションも年間20出店を継続。そのほかの回転ずしチェーンも出店を加速するなど、郊外立地の"陣取り合戦"は年々激しさを増している。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索