トヨタ「ノア」3兄弟が日産・ホンダを圧す理由 セレナとステップワゴンの追撃も寄せつけず

トヨタ「ノア」3兄弟が日産・ホンダを圧す理由 セレナとステップワゴンの追撃も寄せつけず

トヨタ自動車「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」――。仕様によって少しはみ出して「3ナンバー」になることもあるが、いわゆる全長4.7×全幅1.7メートル前後に収めた、狭い日本の道路で扱いやすい「5ナンバーサイズ」を基本とし、全高1.8メートルを超える背の高さを武器にする背高ミニバンだ。

「ノア3兄弟」が圧倒的な王者に君臨している

3車は基本的なメカニズムを共有し、販売店によって車名を変える兄弟関係にあり、「ノア3兄弟」などと呼ばれることもある。そのノア3兄弟が、近しいコンセプトの日産自動車「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」といった競合を押さえて、激戦と言われるミドルサイズ背高ミニバン市場で圧倒的な王者に君臨している。

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめた2017年度(2017年4月〜2018年3月)の乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)によれば、ノア3兄弟は合計で19万2681台(ノア5万7668台、ヴォクシー9万1187台、エスクァイア4万3826台)を売った。同時期にセレナが8万1005台、ステップワゴンが5万3665台だったので、ノア3兄弟は競合車種に2〜4倍程度の差をつけたことになる。

それどころか19万を超える販売台数は、同ランキングで1位だったトヨタ「プリウス」の約14.9万台をも凌駕する。プリウスは、レクサスを除くトヨタ4系列(カローラ店、ネッツ店、トヨペット店、トヨタ店)の販売店すべてで取り扱っていることから、ノア3兄弟と条件は同じ。ノア3兄弟はミドルサイズ背高ミニバンの王者というだけでなく、軽自動車を除いた普通乗用車で見ると、実質的なベストセラーカーともいえるのだ。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索