九州発「コスモス薬品」で突然社長降格のワケ 既存店売上高は前年超えが続いていたが・・・

九州発「コスモス薬品」で突然社長降格のワケ 既存店売上高は前年超えが続いていたが・・・

「私の力不足でした。自ら辞意を申し出ました」。九州地盤のドラッグストア、コスモス薬品の柴田太社長(46)はそう打ち明ける。

5月15日、コスモス薬品は突然の社長交代を発表した。社長の柴田氏が6月1日付で経営企画部長に降格。営業本部長兼店舗運営部長の横山英昭氏(37)が社長に就任する。柴田氏は創業者で当時社長だった宇野正晃氏(71、現会長)からバトンを渡される形で、昨年8月に経営企画部長から社長に昇格したばかりだった。就任からわずか10カ月での降格となる。

「毎日安売り」の功罪

唐突にも思える社長交代をするのはなぜか。背景にあるのがこの1年間の収益悪化だ。

実はコスモス薬品の店舗売り上げ自体は順調に伸びている。柴田氏が社長に就任した2017年8月以降、直近4月までの9カ月間の既存店売上高は前年同月を上回って推移している。

同社はメガドラッグストアと呼ばれる広大な店舗を武器に、食品や日用品、化粧品などあらゆる商材を取りそろえる。中でも牽引役は食品だ。売り上げの約6割を占め、スーパー並みの品ぞろえを誇る。さらに「毎日安売り」を行うことで客の来店頻度を高めてきた。

客数増には貢献する安売りだが、その一方で粗利を悪化させる要因にもなった。そこに時給上昇による人件費増が追い打ちをかけた。これらを吸収できるだけの売り上げを確保することができず、今2018年5月期の第2四半期には10年ぶりに通期業績の下方修正に追い込まれた。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索