渋谷駅「埼京線ホーム」が遠く離れているワケ 2020年にはついに山手線と並ぶ位置に

渋谷駅「埼京線ホーム」が遠く離れているワケ 2020年にはついに山手線と並ぶ位置に

渋谷駅の中央改札から埼京線に乗ろうとすると、駅の案内には「埼京線ホームはこの先約270mです」と書かれている。

270mといえば、湘南新宿ライン15両分よりは短いものの、山手線11両分より長い。一つの列車の端から端まで歩かなければならない距離である。しかも、たどりつくのはホームの端っこだ。乗車する車両のところまで行くには、さらに歩かなければならない。湘南新宿ラインのグリーン車や、成田エクスプレスの指定された座席の車両など、「まだ歩くの?」と感じてもおかしくはない。以前は通路に「動く歩道」があったが、駅改良工事のため使用を中止した。

2020年にはホームが並ぶ

渋谷駅埼京線ホームへ向かう通路には、「2020並ぶぜ!!ホーム」というポスターが貼ってあり、2020年に埼京線ホームが現在の位置から350m北側に移動することが記されている。将来は、現在の山手線ホームの横に埼京線ホームが移設される。

そのプロセスの中で、5月26日・27日と6月2日・3日には、埼京線と湘南新宿ラインを運休させて「渋谷駅線路切換工事」が行われた。

しかし、「並ぶぜ!!」という前に、そもそも埼京線ホームはなぜこんなに他の路線から離れた位置につくられたのだろうか。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索