トランプ大統領のツイートが「悪質」な理由 差別と批判のボーダーラインがない

トランプ大統領のツイートが「悪質」な理由 差別と批判のボーダーラインがない

米国のコメディアン、ロザンヌ・バー氏が演じる同氏と同名の役柄は、労働者階級でトランプ米大統領の支持者という設定だ。米ABCテレビは、そのバー氏が主演するコメディ番組『ロザンヌ』を急きょ、打ち切った。問題になったのはツイートだ。

バー氏はツイッターで、オバマ前政権で大統領顧問を務めたバレリー・ジャレット氏をイスラム組織「ムスリム同胞団」と映画『猿の惑星』の子孫だと書いた。

トランプ氏も反トランプ陣営も的外れ

番組打ち切りにトランプ氏は予想どおり反応した。しかし、その言い分はかなり奇妙なものだった。トランプ氏は、ABCテレビは自分に対して「ひどいこと」を言ってきたにもかかわらず、これまで自分には一度も謝罪がない、とツイート。娘のイバンカを口汚くののしった別のコメディアン、サマンサ・ビー氏もクビにならなければならない、ともツイートしている。

トランプ氏に批判的な人々は、「ロザンヌ」を偏見に満ちあふれた労働者階級の典型と見なしていた。バー氏の番組が打ち切りになってよかったと考えている人は多い。

だが、トランプ氏も、反トランプ陣営も、どちらの反応も的外れだ。バー氏は風変わりな意見を口にすることが多く、これを何らかの政治的主張に結び付けるのは不可能だ。なのに、トランプ氏はビー氏をバー氏と同列に扱っている。両者の間にある決定的な違いを無視しているといわざるをえない。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索