日立製車両が架線切断、ロンドン鉄道大混乱 試験列車でトラブル、一体何が起きたのか?

日立製車両が架線切断、ロンドン鉄道大混乱 試験列車でトラブル、一体何が起きたのか?

ロンドン最大級の鉄道ターミナル・パディントン駅発着の全列車が臨時運休―――。10月17日(イギリス時間)の通勤ラッシュ時、信じられないようなニュースが飛び込んできた。

運休の原因は前日夜、本線上を試験走行していた日立製新型車両が架線をひっかけ、500mに渡って「激しく損傷した」からだという。同駅は平日は1日当たり10万人が利用し、空の玄関・ヒースロー空港と市内を結ぶ特急列車の発着点にもなっている。はたしてどんなトラブルだったのか。

トラブルは新型「クラス802」

パディントン駅には、イングランド南西部やウェールズ方面とをつなぐグレートウェスタン鉄道(GWR)が乗り入れている。

同鉄道には、日立が製造したインターシティエクスプレストレイン(IET)が走っている。今回トラブルを起こしたのは、パディントンとイングランド西部のデボン州やコーンウォール州を結ぶ列車に使われる「クラス802」と呼ばれる車両。ウェールズ方面への路線で使われる「クラス800」と同様、電化区間だけでなく、非電化区間でもディーゼル発電機を回すことでそのまま乗り入れできる「バイモード」車両だ。イングランド西部へのルートはロンドンから距離が遠いことに加え、勾配がきつい場所もあるため、クラス800に比べて燃料タンクが大きめなのが特徴だ。

すでに日立は「クラス802」の最初の数編成をGWRに引き渡しているが、今回トラブルを起こしたのは、まだ日立側が所有する、試験走行に使う編成だったという。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索