ゴーンと日産の役員報酬はどれだけ高いのか 過少申告額で比べても他メーカーより突出

ゴーンと日産の役員報酬はどれだけ高いのか 過少申告額で比べても他メーカーより突出

日産自動車のカルロス・ゴーン代表取締役会長を東京地検特捜部は11月19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で逮捕した。特捜部は日産自動車の家宅捜索も19日より行っている。

日産自動車が発表した内容では、内部通報を受けて、ゴーンやグレッグ・ケリー代表取締役の不正行為を内部調査を行ってきたとのこと。

その結果、開示されるゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明。

さらにゴーンについては日産自動車の資金を私的に支出するなど複数の重大な不正行為が認められ、ケリー氏がそれらに深く関与していることも判明したという。

日産自動車はゴーンとケリー氏の解任を22日木曜日に開催予定の取締役会に提案している。

東京地検によれば、2011年3月期から2015年3月期の各連結会計年度におけるゴーンの金銭報酬が合計約99億9800万円であったにもかかわらず、合計約49億8700万円と記載した有価証券報告書を提出した疑いがもたれている。

ゴーンは開示ベースでも多額の役員報酬だった

東洋経済オンラインでは、東洋経済データベースを用いて、役員報酬に関するランキングを繰り返し配信してきた。

上位に必ずランクインしてきたのが、日産自動車の会長であるカルロス・ゴーンだ。現時点の開示ベース金額で、どのくらいの役員報酬を受けてきたのだろうか。今後、有価証券報告書の過小記載分が過去にさかのぼって訂正されるとみられるので、あくまでこれまでに開示された金額だが、それで見ても高額な役員報酬の実態が見えてきた。

個別にゴーンの開示ベースの報酬を見てみると、直近2018年3月期の日産自動車からの収入は10億9800万円から7億3500万円にダウンしていた。

ただ、2016年に傘下に入れた三菱自動車の会長としても2億2700万円を得ており、両社からの報酬を合算すると9億6200万円になる計算だ。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索