ディズニーが認めた「シチズン」腕時計の実力 社長が語る創業100年老舗メーカーの挑戦

ディズニーが認めた「シチズン」腕時計の実力 社長が語る創業100年老舗メーカーの挑戦

今年創業100周年を迎えたシチズン時計が、海外で攻めている。3月には米ウォルト・ディズニー・カンパニーと公式時計契約を締結。認知度とブランド力の向上を図っている。10月には米フォッシルグループと業務提携し、スマートウォッチ分野に本格参入する方針を示した。

腕時計市場はスマートフォンやウェアラブル端末の普及を受け、縮小傾向だ。腕時計型スマートウォッチの象徴ともいえる「アップルウォッチ」は昨年世界で約1800万台出荷されたとの調査もあり、「世界で最も売れた腕時計」(腕時計業界関係者)とも言われている。

フォッシルとの提携についても「悪あがき」(国内証券アナリスト)との声が上がる。縮小する腕時計市場でいかに生き残るのか。シチズン時計の戸倉敏夫社長にディズニー公式時計契約とフォッシルとの提携の狙いを聞いた。

ディズニーとタッグ、海外でブランド育てる

――創業100周年を迎えて、米ディズニーとの公式時計契約や米フォッシルグループとの提携など世界市場への取り組みを一層加速しています。

シチズン時計の戸倉敏夫社長は、海外での一層のブランド力向上を狙う(撮影:風間仁一郎)

まずわれわれの認識としては世界市場への進出を加速させているというわけではない。国内ではセイコーウォッチの後塵を拝しているが、すでにシチズンは北米の中価格帯(300〜1000米ドル)の腕時計としてはトップシェア、ヨーロッパでもブランドを確立しており、世界的に強い。この強さをさらに強くしていこうとしている。

――ディズニーとの公式時計契約を結んでから、具体的なブランディング上の効果を感じますか。

アメリカのディズニーリゾートには「CITIZEN」の文字が冠された時計がさまざまな場所に設置されている(写真:©Disney)

これまでのシチズンのマーケティングのやり方だと、単にディズニーのキャラクターを使った時計を出すというのにとどまった。だが、今では日本を除くディズニーパークにシチズンの時計が設置され始め、ディズニーの世界でシチズンの時計が使われている。映画やファンタジーの世界から導き出されたシーンやタイミングで時計が使われることで、シチズンの時計に新たな魅力が加わる可能性を感じている。

実はディズニーの公式時計にならないかという話を聞いたときは、賛成ではなかった。ディズニー傘下にはアメリカンコミックのマーベルなどがあり、マーベル作品にシチズンが絡みだすと、シチズンのブランドが毀損してしまうのではないかを懸念した。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索