リッチモンドホテルが圧倒的に愛される理由 朝食にこだわる顧客満足1位ビジネスホテル

リッチモンドホテルが圧倒的に愛される理由 朝食にこだわる顧客満足1位ビジネスホテル

国内各地に1泊以上の出張をする場合、どんなホテルや旅館を選ぶだろうか。

会社員なら自社の「出張宿泊旅費規程」内で、快適に過ごせそうなビジネスホテルを選ぶかもしれない。気に入ったホテルを定宿にしたり、プライベート旅行で使ったりする人もいるだろう。

好みのホテルの調査データで評価が高いのが、「リッチモンドホテル」だ。

例えば、「2018年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」(公益財団法人日本生産性本部)では、ビジネスホテル部門での総合評価「顧客満足」で、リッチモンドホテルが4年連続1位となった。とくに同年度は、調査の内訳=顧客満足・顧客期待・知覚品質・知覚価値・推奨意向・ロイヤルティの全6項目で1位だった。

また、「2018年 日本ホテル宿泊客満足度調査」(J.D.パワージャパン)でも、「1泊9000円〜1万5000円未満部門」で1位となり、同調査で11度目の1位を獲得した。

ホテルの検索サイトでの「クチコミ」評価も高い。宿泊施設が多い中、なぜ選ばれるのか。

取材にあたり、まずは筆者の仕事関係者で、同ホテルを利用する人に聞いてみた。「朝食がおいしい」(40代の男性、40代の女性)、「とくに突出した部分はないが、接客対応や清潔さなど全体の快適性がよい」(50代男性)という意見があった。後述するが「利用したことがない」という人も、もちろんいる。そうした声も踏まえて、こだわりを探った。

地方色豊かな「朝食」に注力

「リッチモンドホテルは、ホテル会員の利用が非常に多いのが特徴です。現在約91万人の会員がいらっしゃいますが、その4割が毎年ご利用されます。男性宿泊客は40〜50代が多く、女性宿泊客は20〜30代が多い。これまで会員の方へのグループインタビューやアンケート調査を行い、ご意見を踏まえて、サービスの見直しを行ってきました」

こう話すのは運営会社・アールエヌティーホテルズの福村正道社長だ。2018年に社長に就任する前は営業本部長、その前職はサポート部本部長として顧客の声を直接聞いてきた。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索