「麺家 うえだ」女性創業者が悩み抜いた引き際 埼玉・志木「焦がし醤油ラーメン」の名店

「麺家 うえだ」女性創業者が悩み抜いた引き際 埼玉・志木「焦がし醤油ラーメン」の名店

20年のラーメンづくりから「卒業」

6月30日、埼玉県新座市にある有名ラーメン店「麺家 うえだ」の女性創業者が、お店から「卒業」した。上田みさえさん(76歳)がその人だ。東武東上線志木駅から徒歩8分に立地する行列のできる人気店である。

【2019年7月17日7時45分追記】初出時、「麺家 うえだ」の所在地に誤りがありましたので表記のように修正しました。

上田さんは56歳で「麺家 うえだ」をオープンしてから、20年間にわたって数々の苦難を乗り越えながらお店を存続させてきた。70歳を過ぎても厨房に入り、自らスープを作り、麺上げや盛り付けまで行っていた。

街の中華料理店やラーメン店の店主は高齢化が進んでいる。厚生労働省医薬・生活衛生局の2016年調査によると、中華料理店(ラーメン店含む)の経営者の年齢別の構成割合は下記のとおりとなっている。

30歳未満 0.5%
30〜39歳 6.8%
40〜49歳 18.3%
50〜59歳 29.8%
60〜69歳 30.6%
70〜79歳 13.1%
80歳以上 0.8%

「60〜69歳」の割合が最も多く、「50歳以上」で見ると74.3%とほぼ4分の3を占めている。しかも、全体の68.0%が個人経営店であり、高齢の店主が個人で開いている中華料理店やラーメン店がいかに多いかがわかる。

後継者不足に悩む店主も多く、全体の69.1%が「後継者なし」と答えている。現代の価値観の中で「家業」という考え方が薄れ、子どもに後を継がせたいという店主が少なくなってきているのが現状だ。中華料理店やラーメン店の後継者問題の現実と引き際のタイミングを、上田さんの半生を振り返りながら考えてみたい。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索