「新型タント」に乗って感じたN-BOXとの違い 走りや乗り心地にどのような特徴があるのか

「新型タント」に乗って感じたN-BOXとの違い 走りや乗り心地にどのような特徴があるのか

第4世代になって、タントはどう進化したのか――。

歴代タントを乗り継ぎ、さらに現在は第2世代ホンダN-BOXのオーナーである筆者としては、新型タントのメディア試乗会を楽しみにしていた。今回は新型タントに試乗した感想を包み隠さず本音で紹介する。

想定内だった仕上がり具合

「思ったとおりだ」

ターボ車であるカスタムRS、次にノンターボのXに乗って、そう感じた。

新型タントの最大の売りは、走りの進化だ。言い換えれば、先代の最大の欠点は走りだった。タントは初代、2代目、そして3代目と進化するたびに、走りの物足りなさが浮き彫りになっていた。

そもそもタントが爆発的に売り上げを伸ばした理由は、軽において「スーパーハイト」という新分野を切り開いたこと、さらにミラクルオープンドアによる革新的なパッケージングだった。軽自動車のみならず、クルマの常識を覆すほどの強烈なインパクトがあった。こうしたタントの歴史を、筆者はオーナーとして直に感じてきた。

だが、ホンダN-BOXが登場するとスーパーハイト系軽での勢力図は一変した。注目点は、走りのよさである。

自動車専門の雑誌やウェブサイトでは、タント、N-BOX、スズキスペーシア、三菱eKワゴンとその兄弟車である日産デイズルークスの試乗比較を掲載すると、ほとんどのケースで走りではN-BOXひとり勝ちという結果となった。N-BOXが2代目に進化すると、ライバルたちとの走りの差はさらに大きくなった。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索