ダウ623ドル安後の日経平均はどうなるのか? 今のマーケットは「1991年以来の弱気」相場

ダウ623ドル安後の日経平均はどうなるのか? 今のマーケットは「1991年以来の弱気」相場

先週末8月23日のNYダウは、623ドル安の2万5628ドルと大幅下落で引けた。

中国が「アメリカからの輸入品に報復関税を課す」と発表したことを受けて売り先行で始まった。その後、最大の注目点だったジェローム・パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長のジャクソンホールでの講演(ワイオミング州)は「経済は望ましい状況だが、景気拡大を維持するために適切に行動する」という追加利下げ容認発言で買いが入る場面もあり、ドル円相場も一時106円台後半まで上昇した。

またもや「トランプ大統領のツィッター攻撃」

しかしその直後、アメリカのドナルド・トランプ大統領がツィッターで中国への報復措置をとる方針を明らかにすると、売り注文が殺到。ダウは一時700ドルを超える大幅な値下がりとなった。

アメリカ企業の中国撤退まで言い出す始末で、ドル円も105円41銭と円高ドル安が進んだ。米中対立の長期化はその深刻度を強め、アメリカの景気後退論も静まる様子が見えない。

日経平株価は、長期の200日移動平均線を短期の75日移動平均線が上から下に突き抜け(デッドクロス)、その75日移動平均線をより短期の25日移動平均線が突き抜けるという、極めて明確な売りシグナルが出ている。

それでも23日現在では、今年に入っての引け値ベースでの「3点底」(2月8日2万333円、6月4日2万408円、8月15日2万405円)は、今のところなんとか守られている。

その一方で、裁定取引のネット買い残(買い残−売り残)が異常な事態になっている。21日発表の最新の数字(8月16日現在)では、買い残4351億円、売り残1兆6293憶円、差し引き1兆1942憶円のマイナスだ。実はこのマイナス状態は1991年のデータ公表以来最低の数字だ。周知のごとく、買い残は先高観(先物高)がある時に、売り残は先安観(先物安)がある時に増加する。つまり今は、裁定取引に限って言えば、1991年以来の弱気に覆われている相場と言える。

しかし、このような時こそ買い場であり、相場転機のタイミングでもある。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索