「離婚タワマン夫婦」がきっちり手切れする方法 無理して買ったタワマンに住み続けるには?

「離婚タワマン夫婦」がきっちり手切れする方法 無理して買ったタワマンに住み続けるには?

総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」における「住宅数概数集計」によると、「共同住宅(マンション・アパート等)」の住戸数が2334万戸と、過去最高に達しました。前回(平成25年)の調査と比べて125万戸増、5.7%増です。

中でも、「15階以上」の共同住宅数は2003(平成15)年から60万戸も増え、93万戸に達しています。増加の内訳を都道府県別にみると、東京が17万戸増、大阪が12万戸増。「タワマン」は日本の2大都市圏で増加していることがわかります。

筆者は東京で暮らしていますが、最近では都心ばかりでなく、少し離れた郊外でもタワマンを見かけるようになりました。この十数年間で、かなり多くの人々が「タワマン族」になったことでしょう。

夫婦で1000万円の収入があれば、タワマンは夢ではない

タワマン人気の要因は、何といっても「眺望」でしょう。低層のマンションからは見ることができない眺め……都心の夜景など、日常を忘れてしまうほどに華やかです。

それから、「ホテルライク」の暮らしもできる。コンシェルジュが常駐するタワマンでは、日々の生活をサポートしてくれたり、あいさつや声をかけてくれたり、ちょっとした優越感に浸れます。企業の社長・役員、士業・フリーランスの成功者たちに人気のタワマンは、「成功の暁に手にした城」なのでしょう。

タワマンには「便利」という側面もあります。立地のよいタワマンが多く、複合型の商業施設が併設されていることもあります。タワマンの中心価格は、5000万〜7000万円台。上層階は「億ション」になると思いますが、夫婦の合算収入で1000万円以上あるなら、中層階以下であればタワマンの購入は夢ではありません。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索