2019年11月の発売以来、瞬く間に人気車種となった5ナンバーサイズのコンパクトSUV、トヨタ「ライズ」/ダイハツ「ロッキー」。ライズに至っては、発売から1カ月の受注台数が、月販販売目標台数のおよそ8倍となる約3万2000台というから、その人気ぶりがうかがえる。

トヨタで販売されるライズとダイハツで販売されるロッキーは、兄弟車の関係となっており、見た目の差異を除けば基本的に同じもの……と考えるのが一般的ではあるが、実は両車にはグレードごとの装備に意外にも違いが生じているのである。

そこで、そういった装備の違いも含めてオススメグレードをひも解いていこう。

グレードごとの価格を高い順に並べると、ライズ/ロッキーの価格は以下のようになる(2WD車の場合)。

■ライズ
206万円 Z
189万5000円 G
174万5000円 X”S”
167万9000円 X

■ロッキー
220万円 Premium
200万2000円 G
184万8000円 X
170万5000円 L

まずは「変わらない部分」をチェック

細かな装備で違いのあるライズとロッキーだが、クルマの根幹となる部分であるエンジンやミッション、シャシーなどはどちらも共通となる。

トヨタ・ライズ。ロッキーとはフロントのデザインが異なる(写真:トヨタ自動車)

搭載されるエンジンは、すでにコンパクトトールワゴンのトヨタ「タンク」「ルーミー」や、ダイハツ「トール」などに搭載実績のある、直列3気筒1リットルターボエ「1KR-VET型」エンジンだ。

72kW(98PS)/140Nm(14.3kgfm)と突出したスペックではないものの、軽量なボディーと後述の新開発CVT(無段変速機)によって小気味よい走りを楽しむことができる。

新開発の「D-CVT」と呼ばれるCVTは、スプリットギヤ採用による新技術によって、伝達効率向上と変速比幅拡大を実現。これにより、低速域でのパワフルでスムーズな加速と高速域での低燃費で静かな走りを可能とした。