新型コロナウィルス感染症による死者は3月24日現在で世界で約1万7000人だ。世界各国の政府が渡航制限、移動制限、店舗閉鎖、イベント中止など経済活動の大幅な制限に踏み切ったのは、そうしなければ経済の悪化によって失うものよりも、感染拡大によって失うもののほうが大きいと判断したためと考えられる。

通常のインフルエンザでは世界で毎年数十万の人が亡くなるが、それでも経済活動の制限は特別に行わない。それは、インフルエンザによって失うものよりも、経済活動を制限することによって失うもののほうが大きいからである。不況によっても人の死は増える。

したがって、新型コロナウィルス感染症に対する経済対策は、経済活動の収縮による損失を可能なかぎり小さくすることに重点を置くべきだ。新型コロナウィルスの感染拡大による死者を減らすことができたとしても、経済的な死者をそれ以上に増やしてしまえば、新型コロナウィルスとの闘いに負けたことになる。

失業者数と自殺者数には強い相関がある

ここでいう経済的な死者とは、失業などの経済問題を理由とした自殺者のことである。失業者数と自殺者数、とりわけ経済・生活問題を原因とした自殺者数には強い相関関係がある。

日本の自殺者数のピークは2003年の3万4427人(うち、経済・生活問題を原因とした自殺者は8897人)である。失業者数のピークは2002年の359万人であり、ほぼ時期は一致している。その後はやや減少したものの高止まりが続き、リーマンショック後の2009年にいったん増加したが、2010年以降は雇用情勢の改善に伴う失業者の減少とともに10年連続で減少し、2019年には2万0169人(うち、経済・生活問題を原因とした自殺者は3395人)と1978年の統計開始以来では最少になった。

しかし、これから景気は急速に悪化するため、失業者、自殺者が急増するリスクがある。4月に発表される経済対策では、これを防止することを柱とすべきである。