「小児は感染しにくい」という見方もあった新型コロナウイルスだが、そうした楽観を戒める論文が登場。中国の独立系メディア「財新」取材班が徹底分析した。

中国の、新型コロナウイルスに感染した小児患者に関する最大規模のデータによると、1月中旬から2月初旬にかけて、中国では2000を超える小児が新型コロナウイルスに感染した。大多数の小児患者は軽度または中度の症状だが、一部の小児――とくに幼児や乳児(訳注:1歳未満の子ども)の重症化率が高い。

小児患者の疫学的特徴に関する初の研究

このほど、上海交通大学医学院小児医学センターの童世廬教授のチームは、国際的に権威のある小児科ジャーナル『Pediatrics』でWeb論文を掲載した。タイトルは『中国における新型コロナウイルス疾患の小児患者2143人(訳注:18歳未満が調査対象)の疫学的特徴(Epidemiological Characteristics of 2143 Pediatric Patients With 2019 Coronavirus Disease in China)』である。

本記事は「財新」の提供記事です

中国における新型コロナウイルスに感染した小児患者の、疫学(訳注:地域や集団内で、疾患や健康に関する事象の発生原因や変動するさまを明らかにする学問)的特徴などに関する初めての研究だ。研究サンプルには、中国疾病予防管理センターが1月16日から2月8日にかけて受け取った、新型コロナウイルスへの感染疑いまたは感染が確定した2143人の小児患者の症例が含まれている(訳注:2月8日時点の中国本土での患者数は3万4546人)。

これまで小児は、相対的に新型コロナウイルス肺炎に罹患(りかん)しづらいと思われていた。だが、この研究は、全年齢の小児が新型コロナウイルスに容易に感染することを示している。国際的に感染が蔓延する中、小児、とくに乳幼児の保護にいっそう注意すべきだ。