世界最大の航空機メーカー、ボーイングが経営危機にあえいでいる。

主力の小型民間機「737MAX」が2018〜2019年にかけて相次いで墜落事故を起こし、運航停止に追い込まれたことを引き金に業績が急激に悪化。すでに発注した分のキャンセルも相次いでいる。ボーイングなどはアメリカ政府や金融機関に総額600億ドルもの支援を求めた。

そこにコロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかける。顧客である航空会社は売り上げが急減しており、今後新たな航空機の発注を控えることが予想される。ボーイングの視界不良は晴れそうにない。

22年ぶりの最終赤字で債務超過に

ボーイングの2019年12月期決算は売上高が前年同期比24%減の766億ドル、営業利益は19億7500万ドルの赤字だった。純損失も6億3600万ドルとなり、最終赤字は1997年以来、22年ぶりとなる。同期末は83億ドルもの債務超過に陥った。

こうした事態に陥った最大の理由は737MAXが運航停止になっていることだ。2018年10月にインドネシアで、2019年3月にはエチオピアで相次いで墜落事故が発生。いずれも乗員乗客全員が死亡する大惨事となった。これを受けて同機は全世界で運航を停止。新しい機体の納入が進まないほか、運航停止に対する航空会社への補償金も重荷になっている。

2020年1月には、「(737MAXは)道化が設計し、猿が監督している」と揶揄するボーイング社員のメールが見つかったと同社が発表。「猿」とは航空機の安全を審査し、737MAXの不具合の審査をしているアメリカ連邦航空局(FAA)を指すとみられる。

墜落事故への反省の気持ちのないボーイングの体質にアメリカ議会からも厳しい批判の声が上がる。737MAXの運航再開についてボーイングは2020年夏以降を目指すとしているが、さらに遅れる可能性もある。